楽しんで節約生活を送るコツ

私は、お金を貯めることが好きです。約5年間、銀行員として働いていた時に身につけた知識や、先輩方から教えて頂いたことを活かして、お金を貯めることを現在も楽しんでいます。

まず、お金を貯めるのに一番大切なことは、給料が入った時に、まず貯金額を引いてしまうことです。例えば、給料が入って家賃や光熱費、食費、遊びの費用などを引いていくと、ほとんどお金は残らなくなってしまいます。

そこで、先に「月に3万円貯める」と決めたら、その額を他の口座に先に移してしまって、残りのお金で何とかやりくりしていくのです。そうすると、飲み会だったり、遊びにいくお金などは節約しなくては、と言い聞かせることができますし、自然とお金が貯まっていきます。初めの頃は、少し苦しむかもしれませんが、最初だけ我慢すれば、だんだん節約生活にも慣れてきます。

また、個人的には家計簿もオススメです。いまは、スマートフォンのアプリで家計簿をつけられるものがありますが、何かしらの形で家計簿をつけることで、どこに無駄があるのか、先月より使ってしまったところはどこなのか、どこで節約できるのか、などが分かってきます。私自身は、コンビニでちょこちょこお菓子を買っているのが、まとまると大きな出費になっていることが分かりました。無駄が目に見えてわかると、節約するのも楽しくなってくるので、苦しむことなく節約生活を送ることができます。

少しずつ、お金が貯まっていくと、通帳を見るのも楽しくなってきて、さらなる節約のモチベーションにつながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です