プチカメラマンとしてフリーランス

子供が現在、未就学児のため仕事で家を空けることができずつまらない日々を送っていました。

少しずつ子供が成長していく様を見られるのは、感動的な出来事ではあったのですが、仕事として隙間時間にできるものはないかを模索しました。
写真や動画を撮る仕事があったのでやってみることにしました。

今の時代、写真を特に習ったことがなくてもカメラ自体が高性能にできているので食べ物を美味しく撮影したりや建物の外観を綺麗に撮る事ができました。
写真を撮るだけなので、文章を作成するよりもはるかに簡単でなおかつ動画になると文章の仕事よりはるかに報酬が良くなりました。

自分の撮影した写真が実際にサイト上で使われているのを見ると、ささやかですが多少の達成感を感じることができました。
自分の中では仕事というより趣味の感覚で楽しみながら写真をとり、それが売れてお金になっていきました。

仕事をしても全然疲れていないので、自分にとっては不労所得だなと思いながら仕事をしています。
どんどん実績を積んでいくと、今度は1件2000円の報酬が出る写真撮影の仕事依頼が届くようになりました。

写真の仕事は、多様な種類があり結構需要があります。
初めは単価の低い仕事から初めて行き、少しずつ技術を磨いていけばブライダル写真など腕が必要な仕事もできるようになると思います。

時間拘束の仕事ではなく、空いた時間で出来高制なので主婦のように忙しい方には向いていると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です